タグ検索:クリスマス

京都聖母学院小学校 図書館:平成30年12月の展示報

12月はクリスマスの季節です




12月はクリスマスの季節です。
入口には、『 松ぼっくり 』をつるしてみました。


展示台は、『 クリスマスの絵本 』でいっぱいです。
クリスマスが近づくと、ウキウキした気分になりクリスマス絵本もかわいい絵本が多いですが、クリスマスはプレゼントがもらえる楽しいだけの行事ではありません。
聖母ではクリスマスは大切な行事の1つです。ほんとうのクリスマスの意味を知ってもらうために『 神さまのクリスマス絵本 』もたくさん紹介しています。



ノートルダム清心 中・高等学校から展示・掲示の写真が届きました





名物である大型湾曲書架の展示部分を、全てクリスマスの絵本で揃えてみました。



高校2年生が学習したばかりの梶井基次郎の名作『檸檬』の実演。
大反響です。



事例紹介:ノートルダム清心 中・高等学校
はこちらをご覧ください。
2018年12月5日掲載


京都聖母学院小学校 図書館:H28年12月の展示報告

12月のテーマは「 クリスマス 特集 」


掲示板

掲示板
11月の読書週間のしおりコンテストの応募作品をはりました。
どれもすてきな作品ばかりなので投票するときにどれに投票するか迷う1年生がたくさんいました。しおりコンテストの上は、1年生と6年生の担任の先生と校長先生です。


展示台
 展示台には、イエスさま誕生の人形、松ぼっくりなどのオブジェ、クリスマスの
絵本などの特集をしました。読書マラソン「クリスマスの本を読もう」をしていたの
で低学年を中心によく読んでいました。


京都聖母学院小学校 図書館:H27年12月の展示報告

展示台

 今年のクリスマス展示の台の上は影絵です。

日が進むにつれ影絵『クリスマスをさがしに』のお話しが少しずつ進んで行きます。

この影絵は数年前ボランティアのお母さま方が作ってくださった作品です。

とても素敵な作品なので使わせていただきました。

 カトリックの学校ですので、イエスさまご誕生の神さまの本を読んで本当のクリスマスの意味を感じとってほしいと思います。


入口


掲示板


京都聖母学院小学校 図書館:H26年12月の展示報告

展示台
 クリスマスの本を集めました。装飾も今年はシンプルです。

入口
 シンプルなクリスマスツリーの飾りです。


入口

掲示板
 11月の読書週間で募集したしおりコンテストです。
子ども達はこのイベントを毎回楽しみにしています。
しおりコンテストのとなりは、図書委員のおススメのクリスマス本POPです。最近、POP作りにも力を入れています。


掲示板

クリスマスPOP 
 昨年度ぐらいから図書委員にPOP作りをしてもらっています。
 今回は、「POPって何?」「魅力的なPOPの書き方」など説明してから取り掛かったのですが、波にのりかけたところで卒業アルバムの写真撮影が・・・、気分が途切れてしまい作品の出来は少しあきらめていたのですが、委員会の時間内でできなかったので休み時間にきて仕上げるなどし素敵な作品が出来上がりました。
図書委員いわく「どんなふうにかいたらいいかわからないから悩む」らしいですが「書きはじめると楽しい!」「出来上がって掲示板に貼ってもらえるとうれしい!」そうです。
子ども達は悩み苦しむようですが、それぞれ、個性があり私は出来上がりを楽しみしています。


クリスマスPOP 


最新のエントリー

エントリー一覧へ >