タグ検索:小中一貫校

平湯先生がノートルダム清心 中・高校の図書館を訪問されました


 2018年11月、平湯文夫先生がノートルダム清心 中・高等学校(広島市)を訪問され、学校長 神垣しおり先生、図書館教育部 竹舛さやか先生と、今後の図書館の整備計画について検討をされました。


 この新図書館は、平湯先生の指導の下で計画されて2018年2月に開館しましたが、旧図書館で使われていた書架などを再利用しつつ、このあとも段階的に改修して理想の図書館づくりを目指しています。
 初めに一番大切な入口から「楽しみ読みのエリア」を整えて開館し、次の段階では奥のほうの「調べ学習のエリア」をより使いやすく魅力的にするために、実際に現地に立って検討を進められました。

 ノートルダム清心中・高等学校は「ナミュール・ノートルダム修道女会」を設立母体とし、名著『置かれた場所で咲きなさい』などで知られ、一昨年に亡くなられた渡辺和子氏が学園理事長を務めてこられたカトリックの名門校です。


ノートルダム清心 中・高等学校のホームページはこちらから



※事例紹介はこちらをご覧ください。


平湯先生が国府台女子学院の図書館を訪問されました

 2018年5月、平湯文夫先生が国府台女子学院(千葉県市川市)を数年ぶりに訪問されました。
 学校の先生や司書の皆さんからは、普段から子どもたちが活発に図書館を利用していることの他に、入学前の見学会では、子どもたちから「こんな図書館のある学校に行きたい」といった声が聞かれたことや、「ここの図書館がいちばん落ち着く」と訪ねてくる卒業生がいることなど、図書館が学校全体を元気にしているようすを聞かせてもらいながら、中学部・高等部共用と小学部の2つの図書館の現況を見て廻られました。
 また、図書館をもっと良くするための配架方法や、最近増えてきた文庫本用の書架についてなど、皆さんからの質問に一つひとつ具体的に指導をされました。

 国府台女子学院は大正15年創立以来、読書指導を教育の柱とする小中高一貫校です。2011年に開館した中学部・高等部共用の図書館と、翌2012年に開館した小学部の図書館は、平湯先生の指導によるものです。


国府台女子学院のホームページはこちらから


最新のエントリー

エントリー一覧へ >