トピックス

木の温もりを感じる図書館 ~多気町松阪市学校組合立 多気中学校 Part 1


多気中学校は多気町相可に校舎がありますが、校区が松阪市にまたがっており、生徒約400人の内90人ほどが松阪市から通学していることから、全国でも数少ない学校組合立の中学校となっています。
旧校舎の老朽化に伴い、同敷地内に新校舎が建替えられたもので、2020年7月中旬から供用が開始されています。
新校舎は鉄筋コンクリート造2階建て、県産木材を多用した温かみのある内装が特徴的です。中央の昇降口近くに職員室や特別教室を集約し、両端に配した教室からアプローチしやすく設計されています。特に図書館は昇降口の正面に位置しており、生徒の学校生活の一部となっています。


校舎1階平面図


図書館入口の横には、廊下に面したガラス越しに大きな展示書架が設けられており、生徒たちを図書館に誘い込むような展示がされています。


図書館内の階段上メディアスペースでは企画展示などが行われています。



所在地:三重県多気郡多気町
施主:多気町松阪市学校組合
建築設計:石本・アスカ・村林特定建築設計事務所



【準備中】Part 2では図書館利用の様子などを紹介します。


関連するエントリー

最新のエントリー

エントリー一覧へ >